afxLua / winreg

2016-09-09 :  PCクリニック
本文の前に、
-・・・ -・-
現時点での blogramのランクインカテゴリは、
7、2、0、0、1、 0、0、0、0、0(40)で、換算ポイント 88pt 。
「Firefox」5位アップ。「化学業界」「硝子業界」「FM COCOLO」「e-radio」、
「グルコサミン」bg値変動。「Perl」「C言語」「Python」「FM青森」変化無し。
・-・ - -・

さて、本文。

前(2016-09-07)の記事「afxLua / winman
では、“winman”モジュールを使ってみた。

続いて、“winreg”モジュールに挑戦。

  Released by jaslatrix on 2006-11-18 at 06:48

  “winreg-1.0.0-Lua51.zip” 51.2KB

中身は実質1つ:

  “winreg.dll” 52.0KB

でも、更新日付は、なんと、2037.06.26 ???


それで、
このモジュールでは、何が出来る?


同梱の“CHMヘルプドキュメント”を見ると、

  winreg is a Lua binary module to Access Microsoft(R) Windows(R) Registry.
  The registry is a system-defined database that applications
  and Microsoft(R) Windows(R) system components use to store
  and retrieve configuration data.

  Load the module via the require function (・・・), for example:
require"winreg"

-- prints all the special folders
hkey = winreg.openkey[[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion]]

skey = hkey:openkey([[Explorer\Shell Folders]])
for name in skey:enumvalue() do
print("\nname: " .. name
.. "\npath: " .. skey:getvalue(name))
end
とある。

そっくりコピペして“test_winreg.gsl”を作り、
実行。

・・・・・ OKダ。


そして、このモジュールには、

関数は2つ:
 “createkey”、“openkey”

メソッドは18個:
 openkey Opens the registry key under registry object's key handle
 getinfo Retrieves information about the registry object's key handle
 等々

がある。


少々、winreg の学習かナ?


本日はここまで。


afxLua ライブラリの学習は続く?


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


160803
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク