ImageJ 学習:ImageJ の特徴

2016-10-17 :  PCクリニック

前(2016-10-16)の記事「ImageJ プラグイン(Java)学習:外部プログラム実行
以降、
“ImageJ”の学習を始めた。


(“お絵かき”のつもりで)「ImageJ 描画」で検索していたところ、
「OpenCV画像解析入門」なるサイトの、
ImageJとの比較」を見つけた。

記事の前書き部分は、

  一つ前のコラム、画像解析環境の比較 ではオープンソースである
  ImageJとOpenCVが拡張性の面で優れていると書きました。
  では、実際の研究などではどちらを使うべきでしょうか。
  もちろん、どちらか一方のスキルのみが高いのであれば、慣れた方を
  使うのが良いとは思いますが、どちらも同じくらいに使えるのであれば、
  それぞれ得意、不得意があるので、より適した方を選ぶべきです。
  結論から言いますと、全自動の処理であればOpenCV、
  手動の処理がある程度求められるのであればImageJが適当です。

とある。

正にその通りですね。


で、1つ前のコラム:画像解析環境の比較
では、

  ImageJ、MetaMorph、MATLABなど画像解析が可能な
  プラットフォームは数多くあります。
  その中でOpenCVを使う利点は何でしょうか。
  画像解析を行うにあたり、私が重要だと考えているのは次の
    1.解析実行速度
    2.コーディングの簡単さとコードの読み易さ
    3.環境の再現の簡単さ
    4.拡張性の高さ という4点です。

  これらの点について、ImageJ、MetaMorph、MATLAB、OpenCVの比較を行います。

と云うことで、

  まとめ

  まとめると、
  プロプライエタリなMetaMorphとMATLABは初心者が取り掛かりやすいという
  入り口のハードルの低さはあるものの、オープンソースではないため、
  ImageJ、OpenCVほどのコミュニティが形成されていないこと、
  imageJとOpenCVを比較したときの差は、
  プログラミングのしやすさという点ではほぼ変わらないものの、
  環境構築の簡単さという点ではImageJが勝り、
  実行速度の点ではOpenCVが勝るということが押さえるべきポイントです。

ということでした。


本日はここまで。


ImageJ 学習は続く。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


160923
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク