Perl から Lua :日時データ

2016-12-14 :  PCクリニック
Python、C言語、Perl、化学業界、硝子業界、グルコサミン、Firefox
その昔(?)かれこれ8年ほど前に、
Mathematica”で作っていたプログラムを、
かれこれ4年ほど前に、“Perl”に移植していた。

それらを“Lua”と云っても、“GSL Shell”ですが、
に移植しようとした。

ここで、
気になる幾つかの処理部分を整理した。

今回は、日時データ即ち、
現在日時を、“2016/12/31 23:59:59”の様な形式で表したい。


当時の Perl でのコードは:
# ・・・・・
# ・・・・・
($sec, $min, $hour, $mday, $mon, $year, $wday, $yday, $isdst) = localtime();
$fmt0 = "%04d/%02d/%02d %02d:%02d:%02d\n";
$stime = sprintf( $fmt0, $year+1900, $mon+1, $mday, $hour, $min, $sec );
# ・・・・・
print $stime # これは確認の為
# ・・・・・
でした。

この部分を、Lua では、どの様に書く???

結論として:
-- ・・・・・
-- ・・・・・
stime = os.date( '%Y/%m/%d %H:%M:%S' )
-- ・・・・・
print( stime ) -- これは確認の為
-- ・・・・・
と云うことですネ。

つまり、
3行(2行で可?)だったものが、1行で済むと云うこと?


そして、
これは、基本Lua言語仕様の範囲で済む。


本日はここまで。


“Perl から Lua ( GSL Shell ) への移植”準備は続く。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


161129
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク