LuaPy_GSL モジュール:格納場所

2017-02-26 :  PCクリニック
Python、C言語、Perl、グルコサミン、Firefox
先日(2017-02-17)の記事「LuaPy_GSL モジュール化」では、

  ・・・・・
  ・・・・・
  'python27.lib'、'LuaPy_GSL.lua'、'SUB_LuaPy_GSL_Gen.py'
  は、何処に置いておけばイイのか?
  3つともメインの'test_use_LuaPy_GSL.gsl'と同じ処に置けばイイけど。
  ・・・・・
  ・・・・・

等と書き、保留にしていた。


やっと、確定した。

結論としては、・・・・・

'python27.lib' ・・・ これは、“ライブラリ”扱いですね。

'LuaPy_GSL.lua'・・・ これは、“モジュールですね。

そうすると、
昨年(2016-03-30)の記事「GSL Shell 学習:モジュール/ライブラリ格納場所
で書いた通り。

  ・・・・・
  ・・・・・
  この「D:/TOOL/Lua」を「X」とすると、
  ・・・・・
  ・・・・・
  “モジュール”は、「X/gsl-shell/gsl-shell/」に格納する。
  ・・・・・
  ・・・・・
  一方、“ライブラリ”は、「X/gsl-shell/」に格納する。
  ・・・・・
  ・・・・・

に従う。



では、
'SUB_LuaPy_GSL_Gen.py'
は何処に?

モジュール 'LuaPy_GSL.lua'
の中身は、
・・・・・
・・・・・
function Py.PyIni( m ) -- int PyIni( char* m )
py.Py_Initialize()
pName = py.PyString_FromString( charA(m) )
pModule = py.PyImport_Import( pName )
pDict = py.PyModule_GetDict( pModule )
return 0;
end
・・・・・
・・・・・
と書いている。
つまり、'PyImport_Import(~)'
と云うことは、Python で import するもの???


こんな記事が見つかった:
Pythonのimportについてまとめる

  ・・・・・
  ・・・・・
  読み込み時に検索する範囲

  1.実行ディレクトリと同ディレクトリ
  2.カレントディレクトリ
  3.環境変数「PYTHONPATH」に列挙したディレクトリ
  4.sys.pathに含むディレクトリ
  ・・・・・
  ・・・・・


そうすると、
この中の4番目がよろしい?

つまり、(Python じゃないけど)GSL Shell のパス:
前記「X/gsl-shell/」に格納する。
ことで、
一件落着ダ。


本日はここまで。


LuaPy_GSL 学習は続く?


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


170128
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク