js-ctypes 学習:IUP - Portable User Interface

2017-03-27 :  PCクリニック
Python、C言語、Perl、グルコサミン、Firefox
前(2017-03-26)の記事「js-ctypes 学習:OpenCV のマウスコールバック処理
に続いて、
今度は、
GSL Shell では
昨年3月(2016-03-13)の記事「GSL Shell 学習:IUP - Portable User Interface」で書いた、
 Lua で GUI アプリを作成するためのクロス プラットフォーム キットIUP
に挑戦。
つまり、
ブログ記事に載せたコードをSpiderMonkeyに移植。


出来たコードは:
// ===== convert to '.js' =====
var VOID = ctypes.void_t; var VoidA = ctypes.voidptr_t;
var Char = ctypes.char; var CharA = Char.ptr
var Int32 = ctypes.int32_t;
var WinABI = ctypes.winapi_abi;

var lib = ctypes.open( 'iup' );

var IupOpen = lib.declare( 'IupOpen', WinABI, VOID, Int32 );
var IupMessage = lib.declare( 'IupMessage', WinABI, VOID, CharA, CharA );
var IupFileDlg = lib.declare( 'IupFileDlg', WinABI, VoidA );
var IupSetAttributes = lib.declare( 'IupSetAttributes', WinABI, VOID, VoidA, CharA );
var IupPopup = lib.declare( 'IupPopup', WinABI, VOID, VoidA, Int32, Int32 );
IupOpen( 0 ); // ----- これ必須!!!

IupMessage( 'test', 'OK?' ); // -- IupMessageDlg のテスト

var filedlg = IupFileDlg(); // -- IupFileDlg のテスト
IupSetAttributes( filedlg, 'DIALOGTYPE = LOAD, TITLE = "File Load"' );
IupSetAttributes( filedlg, 'FILTER = "*.png", FILTERINFO = "PNG Files"' );

IupPopup( filedlg, 0, 0 )
こんな感じ?

なんとか動いた。


本日はここまで。


SpiderMonkey ( JavaScript/js-ctypes ) 学習は続く。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


170224
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク