OpenCV 学習:cvFitEllipse2をCvMat型点データで

2017-08-03 :  PCクリニック
Python、C言語、Perl、グルコサミン、Firefox
以前(2017-07-22)の記事「GSL Shell/OpenCV 学習:cvFitEllipse2 は正常」で書いたプログラムでは、
入力の点データ群は“CvSeq”型で定義したが、
<紙>的には、面倒なので“CvMat”型で使えないか学習した。

---- test_CvMat-Points_FitEllips.gsl -----
cv2 = require'cv2'
ffi.cdef[[
/****************************/
/* 不足分の関数宣言を記述 */
/****************************/
]]
X=ffi.new('int32_t[8]', 35, 46, 48, 39, 26, 21, 26, 35 )
Y=ffi.new('int32_t[8]', 22, 26, 43, 51, 50, 40, 28, 23 )

------------- 2 列で定義する -----
points = cv2.cvCreateMat( 8, 2, 4 ) -- 4==CV_32S
M = points.Int
for i=0,7 do M[2*i]=X[i]; M[2*i+1]=Y[i] end

ell = cv2.cvFitEllipse2( points )

---------- 確認 -----
print( ell.x, ell.y, ell.xx, ell.yy, ell.angle )

でしょうか?

多分、正しく求まっている様ダ。


本日はここまで。


Lua ( GSL Shell ) / OpenCV 学習は続く。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


170625
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク