DICOM 学習:ApolloView Lite

2017-09-29 :  PCクリニック
Python、C言語、Perl、グルコサミン、Firefox
改めて「Free DICOM Viewer」で検索してみた。

“NAVER まとめ”の
無料でつかえるWindowsのDICOMビューアー」が見つかる。

 通常のビューアー
 病院などからもらってきたCD-RにはいったX線検査や超音波検査の画像や
 画像検査施設や大学病院でもらってきたCTやMRIの画像を見ることができます。
 個人的には、X線検査や超音波検査のデータはAppllo View liteを使用して、
 CTたMRIにはYAMAKI DICOMツールを使用しています。
 無料である割には性能もちゃんとしています。

 ApolloView Lite
  操作性は一番だと思います。MPR※はできません。
 通常のDRやCR、超音波検査(フォーマットによっては静止画のみ)ならば問題なし。
 ※ MPRとはmulti planar reconstructionのことで、
  CTなどのボリュームデータから3方向での断面を同時に表示する方法のことです。


とあるので、

 ソフト名: ApolloView Lite 4.16.8.2
 ファイル: ApolloViewLite4160802Setup.zip / 1,653,856Bytes / 2016.08.04

をダウンロードした。

書庫の中身は?
実質インストーラ:“ApolloViewLiteSetup.exe” 1.70MB 1つ。

早速実行(インストール):
(例によって) D:/TOOL/ApolloViewLite/ に。

 ApolloViewLite.exe 他 数ファイル&数フォルダ。

 Path 登録は無し。


実行してみた。

ほぼ表示のみ?

「その他」メニューに、
  「タグリスト表示」
  「ヒストグラム表示」
が有。


出力では、

ほぼ「.dcm」フォーマットのみ?


<紙>的には、イラナイ な。


本日はここまで。


DICOM 学習は続く。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


170821
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク