MRIConvert files / mcverter

2017-10-09 :  PCクリニック
Python、C言語、Perl、グルコサミン、Firefox
前(2017-10-06)の記事「dcm2niix:DICOM to NIfTI conversion」では、
  ・・・・・
  ・・・・・
  Important note: dcm2nii is obsolete.
  While I hope it is generally robust and useful,
  active development has moved to dcm2niix.
  ・・・・・
  ・・・・・
などと書いていた。


dcm2nii:MainPage」をよくよく見ていたら、

9 Alternatives

7番目に、
 ・ Jolinda Smith's mcverter is written in C++,
    and has great support for various vendors.
   It attempts to preserve diffusion gradient information.
とある。

この“mcverter”とは?
MRIConvert files

取り敢えず、
MRIConvert-2.1.0-win32.zip
をダウンロードしてみた。

  2016-02-05 付  2.91MB

中には、
2つの .exe ファイル「mcverter.exe」「MRIConvert.exe」と
「~.txt」ファイル2つのみ。

即実行可ダ。

で、<紙>的には「mcverter.exe」1つあれば十分。


例えば、
カレントにある“x.dcm”を入力して、
カレント dir に、NIfTI 形式の“.nii”ファイルを作る
コマンドは
mcverter.exe  /o .  /f nifti  /n  x.dcm
または、
mcverter.exe  --output="."  --format="nifti"  --nii  x.dcm
で出来る。
正確には、
“KH16-6_St6_Sb4-10R_s_20170313_011_002___Vol_0_5_Vol.nii”
“KH16-6_St6_Sb4-10R_s_20170313_011_002___Vol_0_5_Vol_info.txt”
が出来る。

“.nii”は“NIfTI”形式で、

画素の値は:-2048(=30720)~1965(=34733)
と、“dcm2niix”と同じく真の値。
( XMedCon より good )

Y軸上下は、“XMedCon”と同じく見た目通り
( dcm2niix の様に 逆じゃない )

そして、“.exe”1つで済む。


なお、
“.txt”は、画像の情報で、
“dcm2niix”より多い。



結論としては、<紙>的には
.dcmファイルを、.niiファイルに変換するのなら、
“MRIConvert”のmcverter.exeで決まりでしょうか。



本日はここまで。


DICOM 学習は続く。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


170821
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク