FC2ブログ

Anaconda 学習:Plotly

2018-02-16 :  PCクリニック
先週(2018-02-05)の記事「Anaconda 学習:pandas と matplotlib」では、

  前(2018-02-02)の記事「Anaconda 学習:cufflinks って何?」では、
  pandasplotlyとを結びつけるcufflinksでした。

  ここで、
  cufflinkscondaじゃなくてpipで導入すべき。
  さらに、plotlyは別途導入が必要(?)
  ・・・・・
  ・・・・・

と書いていたが、


“Anaconda”に含まれるパッケージ:
Packages for 64-bit Windows with Python 2.7
を見てみると、
“plotly”については、2.1.0 が入っているとある。
だが、インストール時点では入っていない。


そこで、
Anaconda Cloud」を調べたら、

conda-forge / packages / plotly 2.2.3
  An interactive, browser-based graphing library for Python

  Documentation: https://plot.ly/python/

  To install this package with conda run:
   conda install -c conda-forge plotly

があった。

  Description
  Plotly's Python graphing library makes interactive,
  publication-quality graphs online.
  Examples of how to make line plots, scatter plots, area charts,
  bar charts, error bars, box plots, histograms, heatmaps,
  subplots, multiple-axes, polar charts and bubble charts.


なので、早速インストール:

  2つダウンロード:conda-4.3.32 ・・・ 4.4.7 からダウングレード
           plotly-2.2.3 ・・・ 追加インストール。

“conda”がダウングレードする。
と云うので、ヤメた。


1つバージョンが古い(?)が、
anaconda / packages / plotly 2.2.2
はどうか?

バージョンと、インストールコマンド以外は同じ記述?

  To install this package with conda run:
   conda install -c anaconda plotly


こっちで、インストール:

5つダウンロード:
   conda-4.4.7 ・・・・・・ 同Ver.   anaconda へ
   ca-certificates-2017.08.26 ・・・ 2017.11.5-0 から downgrade
   openssl-1.0.2n・・・・・ 同Ver. conda-forge から anaconda へ
   certifi-2017.11.5 ・・・ 同Ver. conda-forge から amaconda へ
   plotly-2.2.2・・・・・・ 追加インストール。

結果は1つ追加。


それで、
Documentation サイト: https://plot.ly/python/

「Basic Charts」の「Line Charts

Simple Line Plot
のコードをコピー&ペースト:
# -*- coding: utf-8 -*-
import plotly.plotly as py
import plotly.graph_objs as go

# Create random data with numpy
import numpy as np

N = 500
random_x = np.linspace(0, 1, N)
random_y = np.random.randn(N)

# Create a trace
trace = go.Scatter(
x = random_x,
y = random_y
)

data = [trace]

py.iplot(data, filename='basic-line')
だが、エラー!?!?!?


日本語の解説記事は?

[Python] Plotlyでぐりぐり動かせるグラフを作る

この記事のコードをコピー&ペースト:
# -*- coding: utf-8 -*-
# データの取り込みや操作には、Pandasを用いる
import pandas as pd
raw = pd.read_csv("birth.csv")

# グラフの作成
# 初期化
import plotly
plotly.offline.init_notebook_mode(connected=False)
# connectedをTrueにすると、PlotlyのJavascriptをインターネットから取得する

# プロットするデータの指定
data = [
plotly.graph_objs.Bar(x=raw["year"], y=raw["births"], name="Births"),
plotly.graph_objs.Scatter(x=raw["year"], y=raw["birth rate"], name="Birth Rate", yaxis="y2")
]

# グラフレイアウトの指定
layout = plotly.graph_objs.Layout(
title="Births and Birth Rate in Japan",
legend={"x":0.8, "y":0.1},
xaxis={"title":"Year"},
yaxis={"title":"Births"},
yaxis2={"title":"Birth Rate", "overlaying":"y", "side":"right"},
)

# プロット
fig = plotly.graph_objs.Figure(data=data, layout=layout)
# plotly.offline.iplot(fig) ##### Jupyter内で表示:グラフ作成はiplot
plotly.offline.plot(fig) ##### Jupyter外で表示や、HTMLを作成:plotを呼ぶ
# ファイル名を指定しない場合は、同一フォルダにtemp-plot.htmlが作成される
これで動作した。


本家ドキュメントの例は何故ダメ?

もっと学習ダ。


本日はここまで。


Anaconda ( Python ) 学習は続く。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


180121
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク