Python4PLY:Python parser for the Python language

2018-04-27 :  PCクリニック
前(2018-04-25)の記事:
Anaconda 学習:PLY ( Python Lex-Yacc )」に関連して、
python4ply tutorial」なるページを見つけた。

  What is it python4ply?

  python4ply is a Python parser for the Python language.
  The grammar definition uses PLY,
   a parser system for Python modelled on yacc/lex.
  The parser rules use the "compiler" module from the standard library
   to build a Python AST and to generate byte code for .pyc file.

  You might use python4ply to experiment with variations
   in the Python language.
  The PLY-based lexer and parser are much easier to change than
   the C implementation Python itself uses or even the ones written
   in Python which are part of the standard library.
  This tutorial walks through examples of how to make changes
   in different levels of the system.

  If you only want access to Python's normal AST, which includes
   line numbers and byte position for the code fragements,
   you should use the _ast module.

===

  python4ply とは?

  python4plyは、Python言語用のPythonパーサーです。
  文法の定義では、yacc / lexをモデルにしたPythonの
   パーサーシステムPLYを使用します。
  パーサー規則では、標準ライブラリの "compiler"モジュールを使用して
   Python ASTを構築し、.pycファイル用のバイトコードを生成します。

  python4plyを使用して、Python言語のバリエーションを
   試すことができます。
  PLYベースのレクサーとパーサは、Python自体のC実装よりも
   はるかに簡単です。標準ライブラリの一部であるPythonで
   書かれたものでもあります。
  このチュートリアルでは、システムのさまざまなレベルを変更する
   方法の例を説明します。

  Pythonの通常のAST(コードの断片の行番号とバイト位置を含む)
   にのみアクセスしたい場合は、_astモジュールを
   使用する必要があります。

  ・・・・・
  ・・・・・


これは面白い。

即行、python4ply に飛んだ。


  Perlの様な、
  アンダーバーで桁区切り表現が出来るようにする。

  それができることのアイデアを得るために、
  チュートリアルのいくつかの例を以下に示します。


とあった。


何はともあれ、ダウンロードした。

  Links
   ・Download python4ply-1.0.tar.gz

リンクから、
「python4ply-1.0.tar.gz」 250KB 2008/03/09 付

何処かに、
テストフォルダ hoge を作り、
そこに、python4ply-1.0 フォルダを作り
その中に展開した12ファイルを格納した。

それから、
hoge で、最初の tutorial ページの Getting started
owe_me.py:2行だけのファイルを作った。

DOS窓で、

  set path=%path%;./python4ply-1.0
  compile.py owe_me.py

とコンパイルして「owe_me.pyc」を作り、

  python -c "import owe_me"

で、実行。

これはOK。


続けて、
アンダーバーを追記した2行だけのファイル:owe_me.py を作り、

“python_lex.py”を2箇所変更して、置き換え、

DOS窓で、

  set path=%path%;./python4ply-1.0
  compile.py -e owe_me.py

で、コンパイル&実行 ( .pyc を残さない )

これもOK.



10年前の代物:python4ply だが、

もう少し学習してみよう。



本日はここまで。


Anaconda ( Python ) 学習は続く。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒ blogram投票ボタン


180318
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク