FC2ブログ

Anaconda 学習:list、tuple、set

2019-03-27 :  PCクリニック
このところ、“Python”はそれ程使っていなかったので、
3種類有る括弧表記の使い方が分からなくなったので、確認してみた。

a3 = [ 10, 20, 30 ]
b3 = ( 10, 20, 30 )
c3 = { 10, 20, 30 }

print( type(a3) ) # list
print( type(b3) ) # tuple
print( type(c3) ) # set

と云うことで、・・・

備忘録として、
ソースコード形式で、纏めてみた。
a3 = [ 10, 20, 30 ]   # list  リスト ############
a1 = [ 10 ] ###########################

b3 = ( 10, 20, 30 ) # tuple タプル
b1 = ( 10, ) # 1項目ではカンマが必要
### 「タプル」とは、複数のデータを一直線に並べた
### 「コレクション」タイプのデータ型
### リストとは異なり、変更ができないオブジェクト

c3 = { 10, 20, 30 } # set ###################
c1 = { 10 }
### set型(集合型)は重複しない要素(同じ値ではない要素)
### のコレクションで、和、積、差などの集合演算を行うことができる
### indexing 不可

############# いずれでも、数値/文字の混在可能

ax, ay, az = a3; print( ax, ay, az ) # 10, 20, 30
bx, by, bz = b3; print( bx, by, bz ) # 10, 20, 30
cx, cy, cz = c3; print( cx, cy, cz ) # 10, 20, 30
( ax, ay, az ) = a3; print( ax, ay, az ) # 10, 20, 30
( bx, by, bz ) = b3; print( bx, by, bz ) # 10, 20, 30
( cx, cy, cz ) = c3; print( cx, cy, cz ) # 10, 20, 30
### 上の左辺の括弧はtupleではない?
### [ ~ ] = でも、{ ~ } = でも可能!?!

# ------------------------------------------------------

print( type(a3) ) # list
print( type(b3) ) # tuple
print( type(c3) ) # set

print( a3[0], a1[0] ) # 10, 10
print( b3[0], b1[0] ) # 10, 10
##### print( c1[0] ) # set は、indexing 不可


# map : リストの各要素に、関数を適用する。
print( map( np.sin, a3 ) ) ##### [ sin(10), sin(20), sin(3) ]
print( map( np.sin, b3 ) ) ##### [ sin(10), sin(20), sin(3) ]
print( map( np.sin, c3 ) ) ##### [ sin(10), sin(20), sin(3) ]
print( map( np.sin, a1 ) ) ##### [ sin(10) ] ##### どれでも、
print( map( np.sin, b1 ) ) ##### [ sin(10) ] ##### 1項目でも
print( map( np.sin, c1 ) ) ##### [ sin(10) ] ##### 可能!
print( map( str, a3 ) ) ##### [ '10', '20', '30' ]
print( map( str, a1 ) ) ##### [ '10' ]

# join : 文字列や数値、pathなどを結合する時に使う関数
print( '-'.join( map( str, a3 ) ) ) ##### 10-20-30
print( '-'.join( map( str, b3 ) ) ) ##### 10-20-30
print( '-'.join( map( str, c3 ) ) ) ##### 10-20-30
print( '-'.join( map( str, a1 ) ) ) ##### 10
print( '-'.join( map( str, b1 ) ) ) ##### 10
print( '-'.join( map( str, c1 ) ) ) ##### 10
##### 文字列はそのままで、数値は map を使ってから。

##### import os
##### tst = [ '/usr/', 'local/', "bin" ]
##### print( os.path.join( *tst ) ) ##### /usr/local/bin
##### リストにpathを入れておき引数は*に続けて与える


本日はここまで。


Anaconda ( Python ) 学習は続く。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒

190130
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

人気blog Ranking



最新記事
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

FC2 / i2i / Google




Google Analytics
ブックマーク