FC2ブログ

Hyper-V の Windows7 を Windows10 にアップグレード

2020-03-04 :  PCクリニック
前々回(2020-02-19)の記事:
Hyper-V で Windows 7 仮想マシンを作成」では、・・・・・

OEM版のインストール媒体を使ったので、
残念ながら、ライセンスは認証されなかった。


その後、色々と遊んでいたところ、認証された Windows 7 仮想マシンが出来た。


そこで、
この仮想マシンをコピーして、それを Windows 10 にアップグレードしてみた。
(尚、この記事にある作業は、Windows7 サポート中の1月11日に行っている。)


仮想マシンをコピーしようとしたのだが、
なんと、↓この記事に依ると、仮想マシンの複製は簡単ではない。
Windows 10 Pro Hyper-VのVMの複製

  Windows 10 Proには標準でHyper-Vが利用できる。
  仮想環境を使い倒す上で、同じ構成の仮想マシンが欲しい時があるかも知れない。
  しかし、Windows 10のHyper-V マネージャーでは残念ながら
  仮想マシンの複製が行えない。
  第一世代のHyper-Vではvhdxファイルをコピーすれば何とかなる時があるが、
  第二世代のHyper-Vではvhdxファイルをコピーしてもだめなケースが存在した。
  本稿では、・・・第二世代のHyper-Vの仮想マシンをCloneする方法を記載する。

  注意:以下の2点について事前に確認すること
  1. 今回はCentOS向けに行っている。
   他のディストリビューションやOSに関しては保証しない。
  2. チェックポイントを利用できない。(削除する)

 ・・・・・
 ・・・・・


出来ないかもしれないが、この記事の手順で複製してみた。


手順のポイント:
● vhdx のコピー・・・「編集」を選択
● ネットワークは、「レガシー」を選択

複製出来た。

ここで、Media Creation Tool をダウンロードして、
直ちにアップグレードを行った。


しかし、容量的には余裕が十分あると思われるのだが、
なぜか、ハードディスクの容量不足で 10 へのアップグレードが出来ない???


Hyper-V マネージャーで、容量の拡張を行っても、
更に容量不足が拡大するだけ。

何度も何度もやり直してみても、先に進まない。

気を取り直して、
新規に仮想ディスクを作って、追加でマウントしてみた。

そして、
インストール媒体としては、昨年7月14日に作って置いた USBメモリとした。
実質、新規インストール(HDDのフォーマットはしない。APの引継ぎはしない。)

結果的には、凡そ1時間で終了した。


Windows 10 では、マウスはスムーズに行き来し、
仮想マシン上でもスムーズだ。

そして、ライセンスもきっちり認証されていた!


本日はここまで。


Hyper-V の学習は続く。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒

200111
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

人気blog Ranking



最新記事
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

FC2 / i2i / Google




Google Analytics
ブックマーク