FC2ブログ

RealReader Lite:以前はフリーだったOCRソフト

2020-05-13 :  PCクリニック
以前(2020-04-29)の記事:
gImageReader:Tesseract OCR の GUI 版」で、
一応の決定版?に辿り着いた。

だが、更なる検索を行った。


更新日: 2018年11月22日 の記事:
【最新】無料OCR(文字読み取り)ソフトまとめ(日本語対応)
  1、LightPDF OCR ー オンラインでPDFや画像をWord/Excelに無料変換
  2、Google ドライブ - 写真やドキュメントなど、・・・
  3、Free Online OCR - convert PDF to Word or Image to text
  4、i2OCR - Free Online OCR
  5、無料PDF変換・PDF変換フリーソフト - Renee PDF Aide
  6、NewOCR.com - Convert JPEG, PNG, GIF, BMP, TIFF, PDF, DjVu to Text
で、
5番の「Renee PDF Aide」を除いて、オンライン・アプリ。
そして、「Renee PDF Aide」は有償(?)アプリ。


日付:2018.03.02 の記事:
OCRフリーソフト!気になる精度は?商用もOK?使えるアプリ4選
  1:信頼度抜群!グーグルドキュメントのOCR機能
  2:個人利用なら無料ダウンロード可「Renee PDF Aide」
  3:範囲内の画像の文字を読み取るOCRソフト「Ground Truth Text」
  4:英語に抵抗がない方へ「Capture2Text」
で、
1番は、オンライン・アプリ。
2番は、上記。イマイチ。
3番は、要注目。
4番は、イマイチ。


「ガジェジー」の、更新日:2018年4月23日 の記事:
フリーOCRソフトまとめ
  1:Googleドキュメント
  2:Renee PDF Aide
  3:Capture2Text
  4:Ground Truth Text
で、
1番~3番は、上記。
4番は、上記だが、要注目。


そこで、
「Ground Truth Text」をチェック。
つまり、
GT Text

これの最後に、

  雑感

  PC で作業中、ブルースクリーンなどの 「深刻なエラ」 が表示されると、
  「何だ、なんだ!? 何事が起こった???」 と慌てドギマギしますよね。

  私の場合、取りあえずモニターの画面を携帯やデジカメで撮影し、
  書いてあるエラー内容で検索を掛けるのですが、一々画像を見ながら文字を
  打ち込むという作業が正直面倒でした。

  この GT Text なら画像内の文字列をコピーしてテキストなどに張り付けられる
  ので、これは重宝しそうです。
  但し、英語の画像文字列だけね。日本語の認識精度は、「微妙」というより
  「ちょっと難あり」 かな。

  日本語文字列のコピーを行いたいなら、有料だけど Vector が取り扱っている
  RealReader Lite が良いかも。試用でちょっとだけ使ってみましたが、
  日本語文字列の認識精度は GT Text より高いです。

  それでもフリーの OCR ソフトってあまりないので GT Text は大変貴重な
  ソフトですね。

とあった。



と云うことで、
鎌倉太郎さん の、更新日: 2011年05月02日 の記事:
フリーのOCRソフト「RealReader Lite」を使ってみる
に行ってみた.
  1 -活字文字
  2 - 手書き文字
  3 - 意地の悪い画像
  4 - 表形式のデータ画像
  5 - スキャナーやクリップボードからの画像読み込み
  6 - 自動処理と順次処理
  【参照資料】
  RealReader Lite ダウンロードサイト
  Lite 版と Pro 版の違いについて
  RealReader 6.0 仕様一覧


<紙>の欲しいのは、活字文字対応なので、
1 - 活字文字
に行った。

  2011年04月26日

  ・・・「RealReader Lite」を使ってみる (1) - 活字文字

  以前の記事でGoogle Docsにおける画像ファイルからテキストを抽出する
  OCR機能について投稿しました。

   ・Google Docsでpdfファイルや画像ファイルのアップロード時に
    テキストを抽出する機能(2)【2011年04月25日】

  そこでは日本語に対する機能が不足していたので、今回はOCR機能を利用できる
  フリーソフト「RealReader Lite」を紹介します。
  業務用OCR「RealReader Pro」の機能限定版ですが、その性能や機能を実際に
  確認できるようにOCR基本機能は網羅しています。

  こちらからダウンロードできます(若干時間が掛かります)。

  インストール後に「RealReader Lite」を起動した所がこちら。

  ・・・・・
  ・・・・・



と云うことで、
RealReader Lite Top of 株式会社 データデジタル 8
  ・・・・・(このページ、今では「IP アドレスが見つかりません」?
から、
ダウンロードした。・・・・・(今年3月5日のこと。

 RealReader Lite:「RealReaderLite80g.zip」2014-12-18 付 307MB

序に、

 RealReader Pro Standard:「RealReaderProSt80g.zip」同上。

も。

どちらも“インストール後、2週間はお試し期間”となっていて、
以降は、<ライセンスキー入力>が必須となっていた。


それで、
メインマシンじゃなくて、もう一台の Windows 10 Home マシン上の、
VMware Player で作った仮想マシン:Windows 7 に、
RealReader Pro Standardをインストールして、
テストしてみた。

  仮想マシンは、前回(2020-05-06)の記事:
  「Windows 10 HOME マシンに仮想化環境を導入
  で書いたもの。


取り敢えず確認したところでは、

 ・画像ファイルだけじゃなくて、PDF ファイルの入力もOK。

 ・一括処理と言っても、数手順を一連で行う処理で、
  出力は、(PDF ファイルの)ページ毎のファイル群として出来る。



本日はここまで。


日本語OCRツール:RealReader の学習は続く。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒

200305
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

人気blog Ranking



最新記事
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

FC2 / i2i / Google




Google Analytics
ブックマーク