FC2ブログ

RealReader Pro Standard 設定手順図

2020-06-24 :  PCクリニック
前々回(2020-06-10)の記事:
RealReader Pro Standard 学習」で、

処理の対象である、PDF ファイルを「読み込み」した後、
「連続処理」ワンクリックで、「結果出力」まで行える方式を検討した。


一応まとまったので、1枚の手順図に纏めた:



前もって、
①「処理設定」メニューのダイアログで以下を1回設定

 設定するのは「出力」タブのみ。

  「保存フォーマット」は、“PDF(透明テキスト)形式”が最良だった。
  (“HTML 形式”では、文字コードが具合が悪い)
  (“Microsoft Word 形式”では、レイアウト面で具合が悪い)

  「保存フォルダ」は固定とし、例えば“C:/temp”とする。

  「保存ファイル名」も固定で、例えば“temp.pdf”とする。
  (“.pdf”は付けない)

 そして、これは具合が良いことだが、
  「生成の規則」に於けるラジオボタンを、
  “名前を指定した1つのファイルにまとめて保存する”が良い。



これで、
個別の処理では、(入力対象ファイル名の入力と)2クリックで済む。


②「読み込み」ボタンをクリック
 “画像を開く”ダイアログで、対象ファイル名を入力する。

 “ファイルブラウザ”ペインに、ページ数分の画像ファイルが現れる。
 “イメージウィンドウ”ペインに、1ページ目の画像が現れ、
 レイアウト認識が行われ、
 “エディタウィンドウ”ペインに、OCR処理結果が現れる。


③「連続処理」ボタンをクリック

 各ページ画像に対して、
 レイアウト認識が行われ、OCR処理が行われる。
 そして、
 全体の結果を1つのファイルにまとめて出力される。


④変換結果の保存フォルダを開いて、
 (仮に指定した)「temp.pdf」を
 最終結果の“PDFファイル名”に変更する。


⑤“ファイルブラウザ”の「リストから全画像を削除」ボタンをクリック
 次の文書の処理に向けて、クリアしておく。



本日はここまで。


日本語OCRツール:RealReader の学習は続く。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒

200506,10,0621




・--・ ・・・

本記事のそもそもの始まりである、
5月13日の記事:「RealReader Lite:以前はフリーだったOCRソフト
で、
  ・・・・・
  ・・・・・
  と云うことで、
  「RealReader Lite Top of 株式会社 データデジタル 8」
    ・・・・・(このページ、今では「IP アドレスが見つかりません」?
  から、
  ダウンロードした。・・・・・(今年3月5日のこと。
  ・・・・・
  ・・・・・
と書いていたが、・・・・・


ひょんなことから、
ダウンロードできるページを見つけた。

それは、・・・・・
  パソコンソフトを探すなら「Vector」
です。


  トップ > ダウンロード > Windows10/8/7/Vista/XP/2000/NT >
   ハードウェア > スキャナ・カメラ用 > OCR

にあった。

200516
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

人気blog Ranking/おきてがみ


おきてがみ
最新記事
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク