FC2ブログ

PLATON/PLUTON って何?

2021-06-02 :  理科部 部活
ひょんなことから、
WHAT IS PLATON ?」なるページを見つけた。


 WHAT IS PLATON ?

 PLATON is a versatile SHELXL compatible multipurpose crystallographic tool.

 Most PLATON features complement those available in the excellent and
 widely distributed SHELX2018 and later package for
 crystal structure determination and refinement.

 Historically (1980) PLATON started out as a program for
 the automated calculation of derived geometrical data (i.e.
 bond distances, bond angles and torsion angles, including
 su's (esd's)) for structures refined with SHELX76.
 Since then, that basic function evolved into an automatic function to
 calculate everything of possible interest (both intra- and
 intermolecular) for a given structural parameter set (Instruction: CALC).

 Over time, various other tools were introduced (Molecular Graphics i.e.
 PLUTON & ORTEP, Absorption correction, Data Validation etc.),
 some of which requiring a reflection datafile as well.


 PLATON HAS MANY FACES

 1.PLATON. The molecular geometry tool.
  This is the (generic) native mode when the executable is invoked as platon

 2.PLUTON. The molecular graphics tool.
  This mode is entered, as opposed to through a platon instruction option,
  when invoked (via a softlink to platon i.e. 'ln -s platon pluton') as
  pluton or (with the command line option '-p') as platon -p

 3.SYSTEM S. The crystallographic supervisor shell.
  This mode is entered when invoked (via a softlink to platon) as s or
  platon -s
  Note: This tool is currently not actively maintained.

 4.CIFCHK. The CIF Validation tool.
  This mode is entered when invoked (via a softlink to 'cifchk') as
  cifchk or as platon -u

 ・・・・・
 ・・・・・

===

 WHAT IS PLATON ?

 PLATONは、多用途のSHELXL互換の多目的結晶学ツールです。

 ほとんどのPLATON機能は、結晶構造の決定と精密化のために、
 優れた広く配布されているSHELX2018以降のパッケージで
 利用可能な機能を補完します。

 歴史的に(1980)PLATONは、SHELX76で改良された構造の派生幾何学的データ
 (つまり、結合距離、結合角、およびねじれ角(su(esd)を含む)の
 自動計算のためのプログラムとして始まりました。
 それ以来、その基本関数は自動関数に進化し、特定の構造パラメーター
 セット(命令:CALC)の対象となる可能性のあるすべて(分子内および
 分子間の両方)を計算します。

 時が経つにつれて、他のさまざまなツール(分子グラフィックス、
 つまりPLUTON&ORTEP、吸収補正、データ検証など)が導入され、
 その一部には反射データファイルも必要になりました。


 プラトンには多くの顔があります

 PLATONには、プログラムの呼び出し方法に応じて、
 少なくとも6つの異なる面があります。

 1.PLATON. 分子幾何学ツール。
   これは、実行可能ファイルがplatonとして呼び出されたときの(一般的な)
   ネイティブモードです。

 2.PLUTON. 分子グラフィックスツール。
   このモードは、platon命令オプションではなく、(platonへのソフトリンク、
   つまり「ln -s platon pluton」を介して)plutonとして、
   または(コマンドラインオプション「-p」を使用して)platon -pとして
   呼び出されたときに開始されます。

 3.SYSTEMS. 結晶学的スーパーバイザーシェル。
   このモードは、 または platon -s として(platonへのソフトリンク
   を介して)呼び出されると開始されます。
   注:このツールは現在アクティブに保守されていません。

 4.CIFCHK. CIF検証ツール。
   このモードは、cifchk またはplaton -u として(「cifchk」への
   ソフトリンクを介して)呼び出されると開始されます。

 ・・・・・
 ・・・・・


これは、

THE PLATON HOMEPAGE」の、
最初のセクションですネ。

 The Program PLATON is designed as a Multipurpose
  Crystallographic Tool.
 (C) 1980-2020 A.L.Spek, Utrecht University, Padualaan 8,
  3584 CH Utrecht, The Netherlands.

 References

 ・・・・・
 ・・・・・

 The PLATON Homepage gives pointers to all information available on
 the program PLATON.

 Download Site:
 https://www.platonsoft.nl/xraysoft/

 The CheckCIF functionality within PLATON forms part of
 the IUCr Small Molecule Crystal Structure Validation Project.

 ・・・・・
 ・・・・・


要するに、

 プログラム“PLATON”は、多目的結晶学ツールとして設計されています。

 このページには、“PLATON”で利用可能なすべての情報へのポインタがあります。

 ダウンロードサイト:
 https://www.platonsoft.nl/xraysoft/

 “CheckCIF”機能は、IUCr小分子結晶構造検証プロジェクト
 一部を形成します。

と云うことですネ。

そして、

PLATON for Windows」では、

 Current versions of the program PLATON for Windows are available
  from this site. The source code and compiled versions of the program
  for various other UNIX platforms are available from
  the official PLATON download-site.
  A full manual for PLATON is available from the PLATON homepage

 PLATON is written by Ton Spek, and is a versatile crystallographic tool
  implementing a large variety of standard geometrical calculations
  (i.e. bonds, angles, torsions, planes, rings, inter-molecular contacts
  (H-Bond analysis), Coordination etc), tests (i.e. for missing
  symmetry, voids in the lattice etc.), utilities (cell transformation,
  SHELXL input etc.), graphics (e.g automatic labelled 'ORTEP-lookalike
  plots and the molecular graphics program PLUTON) and several filters
  (e.g. the DIFABS technique for empirical absorption correction
  (Walker & Stuart), and the SQUEEZE option for handling disordered
  solvents, described by Sluis & Spek, Acta Cryst. 1990,A46, 194).
 This latter option places great demands on the available memory.

 PLATON for Windows
  This is an MS-Windows implementation of the latest UNIX version
  of PLATON. It is identical to the UNIX version,
  except that System S is not included (it is too Unix specific).
  It is suitable for Windows 10 and all earlier 32- and 64-bit versions
  (2000/XP/VISTA/7/8).

 The program is provided free of charge for academic, scientific
  and non-commercial purposes, provided usage is acknowledged.

 Commercial users can only download Platon for Windows
  if they have previously obtained a license from Prof.
  Dr. A.L. Spek using this application form



面白そうなので、ダウンロードサイトに行き、
  mswindows/ platon/ platon.zip
と、
  ================== pwt_setup.zip
を、
ダウンロードした。

どちらも、中身は“.exe”が一つ。

“pwt_setup.zip”は、その名前の通り、セットアップ実行。

そして、
“platon.zip”は、即実行可能だが、上記のセットアップ・フォルダに格納する。



少々動かして見たが、・・・・・


チンプンカンプンで、お手上げ。

しばらく、棚上げ(放置)です。



本日はここまで。


見ていただいた序でとは厚かましい限りですが、
お帰りに投票して頂けるとなお嬉しいです。 ⇒

210303
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

人気blog Ranking



最新記事
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

FC2 / i2i / Google




Google Analytics
ブックマーク