『シリアルキー』デバイス

2008-08-14 :  PCクリニック
昨日までの累計アクセス数=7,510。 ご訪問頂きありがとうございます。         日記@BlogRanking

マイクロソフト社のHPによると、
「シリアルキーは、コンピュータの標準のキーボードまたはマウスを使用することが困難な方のための
ユーザー補助機能です。シリアルキーにより、単一スイッチや呼気吸気デバイスなどの代替デバイスを、
コンピュータのシリアル ポートに接続できるようにするサポートが提供されます。」とある。

但し、日本語版のWindows であっても、シリアルキーは英語版KBしかサポートしていない。
また、シリアルポートはUSB経由のものでも可能である。
シリアルキーデバイスを使う場合の、コントロールパネルによる設定方法はここに載っている。


仕事上のことで、あるアプリを自動で制御したいことが発生した。
そこで、このシリアルキーデバイスを使って実現することにした。

PCを2台用意し、下図のような構成とした。
制御対象はPCB上で動くアプリBであり、PCA上のアプリAを開発した。

最終的には、アプリAをPCB上で動かしPCAを不要とすることも出来る。
(USB -> serial はPCBだけで折り返しとする。)



アプリAは、78K0マイコン:ブートローダで作ったActive BASICのプログラムでも使った、
"RS232Cdecl.sbp"を使用している。

KBの入力では、通常の文字はそのまま送信する。
CtrlキーやEnterキーはエスケープコード(0x1B)とドット('.')の間にキー名を入れて送る。

例えば、Alt+R なら &H1B+",hold,alt.R"を、Ctrl+w なら &H1B+",hold,ctrl.w" を送る。
こんな調子でアプリBを自動化出来た。


また、PICによるコントロールも可能である。
テストとして、PS/2・KB をPICに繋ぎ、
PICからPCにはPC:PIC 接続[シリアル編]で書いたような方法で繋ぐ。
そこで、PICからPCへ、KBの入力を変換して送信するようにした。
(当時の記事はPCからPICへの送信である。)

補足:PICによる入力については、PICマイコン-シリアルキーズに連載記事がありました。


見ていただきありがとうございました。お帰りに投票して頂けるとうれしいです。 ⇒ 日記@BlogRanking
お陰様で『60代~日記@BlogRanking』で上位におります。感謝感謝。今後とも宜しく。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク