『ColdFire』マイコン

2008-09-03 :  PIC・マイコン
昨日までの累計アクセス数=12,421。 ご訪問頂きありがとうございます。         日記@BlogRanking

ColdFire とは、Freescale Semiconductor社のマイコン MCF52233 で、
Interface誌(2008年)9月号(既にバックナンバーになってしまいましたが)
に付録としてその基盤がついている。

<紙>が PIC で遊んでいて、欲しいなと思った、PICNIC(LAN接続できるPICマイコン)
に相当するのではないかと思って、雑誌を買った。結構な値段であったが。


ColdFire は、Ethernet に接続できる。つまり、LANが利用できる。
MCF52233 には256KBのフラッシュROMが内蔵されているが、付録基盤では、
その半分の128KBに、C言語インタプリタ(SilentC)とHTTPサーバが書き込まれている。

PCとは、telnetやtftpでの接続と、webブラウザでの接続が出来る。

付録基盤では最低限、(パルストランス内蔵)RJ-45モジュラ・ジャックと
DC 3.3V 供給用のDCジャックが必要である。部品を追加で買って、ハンダ付けした。
これで、PICNIC価格の半分を超えてしまった。


PCとColdfireをHUB経由で接続した。(下図)



通常、<紙>PCはDHCPを使っているが、一旦 192.168.1.2 に固定して作業した。
Coldfireには、仮のIPアドレス 192.168.1.10 が設定されている。


先ずは、telnetで接続して(ハイパーターミナルかTeraTermを使う)、組込コマンドが使えることを確認した。
dir
type ファイル名
load [ファイル名]
save [ファイル名]
list [行番号]
・・・
が使える。

本文の記事に従って、MACアドレスを設定した。
次にwebブラウザで接続しIPアドレスを設定するのだが、そのまま(192.168.1.10)使うことにした。

記事に載っているサンプルのホームページ index.htm と、処理プログラム Main をtftpで書き込んで、
webブラウザで接続すると、「内蔵の『加速度センサ』のアナログ値をAD変換した」数値が表示された。

つまり、付録基盤には MCF52233 と加速度センサーが載っており、
また、マイコン MCF52233 はAD変換機能も内蔵しているということだ。

これに、64ピン・コネクタ等を付けると、ブレッドボードでの実験ができる。
ソフト開発には、Cコンパイラが“おまけ”で付いている。
でも、いつになったら遊べるかな?


見ていただきありがとうございました。お帰りに投票して頂けるとありがたいです。 ⇒ 日記@BlogRanking
どうぞ宜しくお願い致します。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク