Windows 仮想ドライブ

2008-10-05 :  PCクリニック
昨日までの累計アクセス数=20,031。 ご訪問頂きありがとうございます。   日記@BlogRanking


此処で云う「ドライブ」とは、『仮想FDD』『仮想CDD』で云う処の、
「物理(実)ドライブ」のことでは無くて、
Windows で云う処の「Cドライブ」とかの「論理ドライブ」のことです。


よく使うフォルダを簡単に開くには、そのフォルダを仮想ドライブ化すればいい。
そうすれば、Internet Explorerのアドレスバーに仮想ドライブ名を入力するだけで、
一発で開くことができる。

フォルダを仮想ドライブとして扱うには、MS-DOSコマンドの「subst」を使う。
コマンドプロンプトを起動し、次のコマンドを入力する。

 subst 仮想ドライブ名: フォルダ名

この際、フォルダ名にスペースが含まれる場合は必ず半角の「"」(ダブルクォーテーション)で囲む。
ミスを防ぐために、あらかじめエクスプローラでそのフォルダを表示させておき、
アドレスバーのフォルダアイコンをコマンドプロンプトの該当箇所にドラッグ&ドロップすれば、
必要な場合は自動的に「"」が付いた形で入力されるので便利だ。

なお、ここで設定した仮想ドライブを解除するには、

 subst 仮想ドライブ名: /D

をコマンドプロンプトから実行すればいい。

詳しくは「よく使うフォルダをドライブ化したい」に載っている。


さらに、以上のことを、GUI化したフリーソフト「Visual Subst」もある。


で、使い道は?・・・・・最初に書いた通りです。
何かの役に立ちましたか?


見ていただきありがとうございました。お帰りに投票して頂けるとありがたいです。 ⇒ 日記@BlogRanking
どうぞ宜しくお願い致します。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Holy night さんへ

そう云う違いですか。う~ん、わかりません。

喜サンタ さんへ

お役に立てたのならば、嬉しいです。

なるほど・・・

つまり、医療でいう所の西洋医学(おもに外科)と東洋医学(内科的な治療)の違いですね。はい、わかります。

試して見たいです

フォルダーをドライブ化する?こんなことが出来るのですか早速試してみたいです
判らない事があれば再度質問をしますので
宜しくお願いします。
おきてがみ/blogram
blogram投票ボタン



おきてがみ

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
リンク
プロフィール

<紙>

Author:<紙>
ようこそ。
「パソコンヲタクの雑記帳」
もろもろなことを綴っています。
パソコン ヲタクってねくら?
画像は kami でなく kani です。

カウンター(fc2、i2i) /Google Analytics


i2i(from 2010-08-24)
Total =
Today  =  
Yesterday=
アンチエイジング

Google Analytics
ブックマーク